第32回日本植生史学会大会のご案内(第2報)

第32回日本植生史学会大会を下記の要領で開催します。

大会参加・一般発表の申し込みは,『申し込みフォーム』からお申し込みください。

日時

2017年12月1日(金)午後:幹事会

2017年12月2日(土)午前:評議員会 午後:公開シンポジウム,論文賞記念行事,懇親会

2017年12月3日(日)一般研究発表(口頭・ポスター),総会

2017年12月4日(月)巡検(第 43 回日本植生史学会談話会)

会場

大会会場:宮崎県県電ホール(宮崎市旭1-2-2)

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kigyo/somu/hp/hall/hall.pdf

懇親会会場:古民家居酒屋ほっこり(宮崎市旭1-3−12)

http://www.hokkorimiyazaki.com/blank-1

 

アクセス:JR宮崎駅より徒歩約15分

JR宮崎駅→宮交バス宮交シティバスセンター方面行き,橘通2丁目下車,徒歩約5分

宿泊:各自でお早目にご予約ください。JR宮崎駅周辺に宿泊されると便利です。

費用 (当日徴収)

参加費(要旨集代を含む):一般会員3,000円,学生会員1,000円,非会員4,000円

懇親会費:一般会員6,000円,学生会員3,000円,非会員6,000円

※会場内では食事ができませんので,昼食は周辺の飲食店をご利用下さい。

主催:日本植生史学会

大会実行委員:宇田津徹朗(委員長),杉山真二,桒畑光博,吉田明弘,一木絵理,星野安治,江口誠一

 大会に関する連絡先:参加申込や要旨作成などに関するお問合わせは,大会実行委員会(taikai32@hisbot.jp)

までお願いします。

 

大会プログラム

12月2日(土) 公開シンポジウム,論文賞記念行事,懇親会

13:00~13:30 受付(エントランスホール)

13:30~16:50 公開シンポジウム(中央ホール)

テーマ:『環境と稲作と中国文明-総合稲作文明学へのアプローチ-』

オーガナイザー:中村慎一(金沢大学),金原正明(奈良教育大学),宇田津徹朗(宮崎大学)

趣旨:平成27年より,従来の中国文明研究では軽視されてきた稲作と文明形成との関わりにスポットを当て,考古学を中心に,歴史学,文化遺産学,社会学,地理学,植物学,動物学,人類学,農学,地球化学,年代学等を専門とする多彩な研究者が一丸となり,「総合稲作文明学」という新たな学術領域の創成に取り組んでいる。ここでは,この2年余の取組の概要と環境・稲作・植物利用に関するこれまでの成果を紹介する。

趣旨説明:「稲作文明と植物利用」

中村慎一(金沢大学)

話題1:「古環境の変遷と動・植物利用の初段階」

金原正明(奈良教育大学)

話題2:「長江下流域・良渚文化期における堆積環境の変化と埋没水田探査」

田崎博之(愛媛大学)・宇田津徹朗(宮崎大学)

話題3:「中国初期稲作民の食文化と環境適応~浙江省田螺山遺跡を中心に」

細谷葵(お茶の水女子大学)・小林正史(北陸学院大学)・庄田慎矢(奈良文化財研究所)・

西田泰民(新潟県立歴史博物館)・村上由美子(京都大学)

話題4:「同位体生態学からみた長江下流域新石器時代の稲作農耕文化」

米田穣(東京大学)・覚張隆史(金沢大学)・板橋悠(東京大学)

 

17:00~18:00 論文賞記念行事(中央ホール)

表彰

記念講演1:「福井県鳥浜貝塚周辺における縄文時代草創期から前期の植生史と植物利用」

吉川昌伸・吉川純子・能城修一・工藤雄一郎・佐々木由香・鈴木三男・網谷克彦・鯵本眞友美

記念講演2:「Vegetation history of Japan since the last glacial based on palynological data.

(花粉分析に基づいた日本における最終氷期以降の植生史)」

大井信夫

 

18:30~21:00 懇親会:古民家居酒屋ほっこり (宮崎市旭1-3−12 http://www.hokkorimiyazaki.com/blank-1

 

12月3日(日) 一般研究発表(口頭・ポスター),総会

9:00~11:00 口頭発表(中央ホール)

11:00~12:00 総会(中央ホール)

12:00~13:00 昼食

13:00~14:30 ポスター発表(周辺ギャラリー)

14:30~16:30 口頭発表(中央ホール)

 

一般研究発表,大会参加,懇親会,巡検(第43回談話会)の申込期限

一般研究発表:10月2日(月)

一般研究発表要旨:10月23日(月)厳守

大会・懇親会・巡検(第43回談話会):10月31日(火)

 

申込方法

学会Webサイトの「大会情報」(http://hisbot.jp/meetings/upcomingmeeting)にある『申込フォーム』に以下の事項を記入しお申込み下さい。

①氏名・所属,②連絡先(住所,電話番号,電子メールアドレス),③会員種別(一般会員/学生会員/非会員),④懇親会の参加/不参加,⑤12/4(月)巡検の参加/不参加,⑥一般研究発表の有無。

一般研究発表をされる方は,次の項目もご記入下さい:

⑦発表形式(口頭/ポスター),⑧発表タイトル,⑨氏名・所属(連名の場合,発表者の左側に○印を付ける:申込者が非会員の場合,連名の会員の方の氏名を記入する),⑩優秀発表賞エントリーの有無,

⑪発表分野(A「生態,古生態,環境変動」/B「人と植物の関係史」/C「分類・系統,生物地理」)

※一般研究発表について申込時の内容でプログラムを作成しますので,変更は受付けません。

※優秀発表賞につきまして,今大会においても実施いたします。学生会員の方は自動的にエントリーされますが,一般会員の方はエントリー制とします。皆様の優れた研究発表をお待ちしております。

 

一般研究発表要領

口頭発表:時間は質疑応答を含め15分を予定。発表の際はパワーポイント(Win・Mac 双方対応)をご使用下さい。

ポスター発表:ポスターボードは,幅 85cm,高さ 120cm(A0縦対応)を予定しています。ポスター発表者は

コアタイム開始時に,番号順にポスター前で2分間の説明していただきます。

※申込み多数の場合,口頭発表/ポスター発表の変更をお願いすることもあります。

 

要旨執筆要領

一般研究発表の要旨を以下の執筆要領にしたがい作成し,その PDFファイルを第32回大会実行委員会の電子

メールアドレス(taikai32@hisbot.jp)に送付して下さい(MS-Wordなど他の形式のファイルは不可)。

執筆要領に沿っていない要旨は受け付けできませんのでご注意ください。

1.原稿サイズは A4(縦置き・横書き)で,2ページ以内とする。

2.原稿には上下 3cm ずつ,左右 2.5cmずつの余白を取る。

3.原稿の行数および1行の文字数は自由だが,1ページあたり 38 行×45 文字程度を目安とする。

4.要旨中に図表を挿入しても良い。ただし,600dpiのモノクロ印刷で判読が可能なものに限る。

5.提出するPDFファイルのサイズは3.0MB以内とする。

6.提出するPDFファイルはAdobe Acrobat Reader 4.0かそれ以降のヴァージョンで表示および印刷できるもの

とする。

7.要旨集の編集作業を行うため,提出するPDFファイルにパスワードなどのセキュリティ設定をしない。

「印刷」,「テキストとグラフィックの選択」,「文章の変更」,「注釈とフォームフィールドの追加と変更」

などは“許可”にする。

8.提出された原稿はそのままモノクロ印刷するため,作成したPDFファイルを各自で印刷し,文字や図表に

充分な解像度があるか,文字化けなどがないかを提出前に必ず確認する。

 

  • 巡検(第43回日本植生史学会談話会)のご案内

テーマ:「綾ユネスコエコパーク巡検」

内容:綾(宮崎県綾町)には,日本最大規模の照葉樹自然林が残されています。同町を流れる綾川流域は,照葉樹林帯の北限(東アジア)に近く,多くの日本固有種が現存し,特に高標高域ではブナが優占する自然林を見ることができます。同地域は,平成24年にユネスコエコパークに登録され,原生的な森林生態系の保護,照葉樹自然林の復元,自然と共生する地域づくり等の取組が行われています。今回の巡検では,綾の吊り橋コースと大森岳または川中の見学コースを綾町照葉樹林文化推進専門監にご案内いただきながら,綾の森の魅力と特徴を学びます。

案内人:河野耕三(綾町照葉樹林文化推進専門監)

世話人:宇田津徹朗,杉山真二

 

日程:2017年12月4日(月):バス移動

8:40に「宮崎観光ホテル」と9:00に「宮崎駅東口」でバスに乗車

9:45  綾町役場着

10:00~15:00 綾の吊り橋コースと大森岳あるいは川中の見学コース

※見学の順序とコース組合せは,当日の天候および参加者によって調整します。

※吊り橋はかなり高い(高さ142m)ので,高所が苦手な方はご留意下さい。

※吊橋コースは一周約2km(標高100~200m)遊歩道で,林齢約135年(中に約50年生二次林含む)の森(シイ-イチイガシ林)の中を歩きます。

※大森岳コースは標高500~600m付近の林齢約190年の森(イスノキ-アカガシ林)の中を走る林道で,途中下車しながら車で移動します。

【川中コースは,今回は予備あるいはオプションとして考えています】

12:00 昼食

15:30 綾町役場を出発

16:20 宮崎駅で一部解散

17:00 宮崎空港で解散

参加費:4,000 円程度(昼食代込み)※バスの借り上げ価格によって変動あり

定員:30 名

申込期限:10月31日(火)(定員に達した場合,期限日より前に締切ることがあります。)

申込方法:大会申込時に『申込フォーム』からお申し込み下さい。

 

全国大学院生協議会よりアンケート調査のお知らせ

全国大学院生協議会よりアンケート調査のお知らせがありましたのでご案内します。

本調査は、全国大学院生協議会(全院協)が、全国各大学の加盟院生協議会・
自治会の協力の下に実施する、全国規模のアンケート調査です。大学院生の研究
及び生活実態を客観的に把握し、もってその向上に資する目的で行うものです。
全院協は2004年度以来毎年アンケート調査を行い、調査結果を「報告書」とし
てまとめ、文部科学省、財務省、国会議員及び主要政党等に対して、学費値下げ
や奨学金の拡充などの要請を行っております。
学費・奨学金等の重大な問題が存在するにも関わらず、大学院生の実態に関する
全国的な調査は、全院協以外では行なわれておりません。より多くの方々に回答
いただき、調査の精度を高め、問題を広く社会に発信していくことが求められて
おります。ご協力いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
本アンケート調査で得られた情報は、以上に述べた目的以外に使用されること
はありません。また、個人が特定される形で調査結果をまとめることはありません。
回答はこちらから行うことができます。
【アンケート回答フォームURL】
https://goo.gl/forms/cCEk8dUHzoMutbiH2
期限は【2017年9月15日】です。
連絡先
全国大学院生協議会(zeninkyo.jimu@gmail.com
http://zeninkyo.blog.shinobi.jp

藤原ナチュラルヒストリー振興財団 学術研究助成のお知らせ

公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団が,ナチュラルヒストリーの研究(今年度は非動物(地学・植物)の研究)を対象として募集を行っています。

詳細は,http://fujiwara-nh.or.jp/archives/2017/0630_144500.php をご覧下さい.

第26回(平成29年度)は非動物分野に対して、研究に必要な資金を助成します。
趣旨:近年、「ナチュラルヒストリー」の研究に対する助成も漸く活発になりつつありますが、その研究は多岐にわたっており、助成は必ずしも十分とはいえません。当財団は、このような状況を考慮し、ナチュラルヒストリーの研究を行っている研究者または研究グループに助成を行うことによって、ナチュラルヒストリーに関する研究の益々の発展に寄与しようとするものであります。
また、選考は特に他の機関から助成されにくい研究者を優先します。

締切:平成29年9月1日(金) 当日消印有効

第11期会長選挙・評議員選挙結果のお知らせ

2017年6月17日に開票した選挙結果に基づき、以下の皆様が第11期会長および評議員として決定しましたのでお知らせいたします。
任期は、2017年10月1日から2019年9月30日までです。

新会長
高原 光氏

新評議員(五十音順)
佐々木由香氏
西田治文氏
能城修一氏
守田益宗氏

選挙管理委員長 吉田圭一郎

第11期会長・評議員選挙のお知らせ

「日本植生史学会会則」及び「会長, 評議員選挙規程」に基づき、下記の予定で第11期会長選挙および評議員選挙を行ないます。正会員(一般会員及び学生会員)およびシニア会員の方々は忘れずにご投票くださいますようお願いします。

選挙管理委員長 吉田圭一郎

[公示日]
2017年05月09日
[投票締切日]
2017年06月09 日(当日消印有効)

ASQUA 2017 済州島大会の参加学生会員等に対する補助金のお知らせ

第3回アジア第四紀研究会議(ASQUA-3,2017)が 2017年9月4日~8日に済州島(韓国)で開催されます。日本植生史学会では、ASQUA 2017 で講演を行う学生会員またはこれに準ずる会員 (研究機関などに在籍し常勤職に就いていない 40 才以下の本会会員に限る)に対し、参加費等に充てるため, 1 人 5 万円を補助いたします。

補助金を希望する会員の方は、件名を「ASQUA 参加費補助申請」として 2017 年 6月 2 日(金)までに下記項目を 電子メールにて庶務幹事宛(hbmain@hisbot.jp)までご提出ください。申請内容に基づき日本植生史学会の幹事会 にて公正に検討し、助成の可否について 2017 年 6 月中旬頃までにご連絡いたします。助成が決定した場合、大会 での発表を確認後にご指定の振込先に送金します。

1.氏名 2. 所属機関 (学生会員でない方は詳細な職名もご記入ください) 3.発表題目(英語) 4.発表要旨(英語) 5.連絡先(住所,電話番号,E-mail) 6.振込先(銀行名,支店名,口座番号など)

申請・問い合わせ先:庶務幹事 鈴木伸哉 〒206-0033 東京都多摩市落合 1-14-2 東京都埋蔵文化財センター 電話 042-374-8044 E-mail:hbmain@hisbot.jp

アースウォッチ・ジャパン <フィールド研究プログラム募集>のお知らせ

フィールド研究に市民を派遣している認定NPO法人アースウォッチ・ジャパンが、新しい研究プログラムを募集しています。
アースウォッチ・ジャパンは、人手が必要な野外調査に、一般市民をボランティアとして派遣することにより、調査研究の人的支援を促進し、一般の方に研究への理解を深めている認定NPO法人です。

公募の対象は、環境保全分野に加えて、自然環境の再生・修復・伝統的利用・循環を追求する研究です。
プログラムに参加する市民ボランティアは、16歳から70代までの異年齢・異職種の方々。
研究チームと一緒に寝泊まりしながら調査作業の手伝いを行い、レクチャーや懇親会を通じて交流します。
「研究の意義を広めたい」「市民にフィールド研究の面白さを知ってほしい」そんな方は、ぜひご応募ください。

■応募締切 2017年7月20日(水)まで

■プログラム募集の詳細は
http://www.earthwatch.jp/for_researchers/sac_apply.html

■現在協働している調査プログラム(日本国内)は
http://www.earthwatch.jp/pj_domestic/index.html

■アースウォッチとは
1971年米国ボストンで発足した国際的なNGO。
研究者の野外調査の現場に、市民を「サイエンスボランティア」として派遣する活動を行う。
アースウォッチ・ジャパンは、米国アースウォッチの活動を日本に広げるため、1993年に発足。
50以上の国内調査プログラムを運営し、1,500人を超えるボランティアが参加してきた。

■案内状
アースウォッチ・ジャパン浦辺徹郎理事長(東京大学名誉教授)より
研究者の皆様へのご挨拶状。
http://www.earthwatch.jp/for_researchers/sac_greetings.pdf

■問い合わせ
認定特定非営利活動法人 アースウォッチ・ジャパン(担当:伊藤)
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学大学院
農学生命科学研究科 フードサイエンス棟4階
TEL 03-6686-0300 FAX:03-6686-0477
e-mail: yitoh@earthwatch.jp
URL: http://www.earthwatch.jp/

第42回日本植生史学会談話会のご案内(写真up)

第42回日本植生史学会談話会を下記の要領で行います。

◆テーマ
北海道・道東の植生巡検
-道東の消えゆく森?! 根室市春国岱のアカエゾマツ林
-氷河時代の生き残りか?! 別海町西別湿原のヤチカンバ

去年5月の春国岱の写真
           
一昨年11月の春国岱の写真
           

◆内容
【春国岱のアカエゾマツ林】知床半島と根室半島の間の標津,別海は構造的な沈降地帯で,この100年間に最大1.3mも沈降しています。野付半島のトドワラは,60年ほど前はそれでも未だ緑の葉をつけたトドマツがあったそうですが,30年ほど前には既に完全な立ち枯れ状態になり,今では立ち枯れ株も侵蝕されて大部分が失われてしまっています。根室半島の北側に位置する春国岱(しゅんくにたい)の西側(風蓮湖側)では地盤の沈下による地下水位の上昇により順次立ち枯れが進行し,東側(根室海峡側)では冬の季節風による高潮と強風により木々がなぎ倒され,極めて純度の高い美しいアカエゾマツの森がどんどん縮小しています。現在この森がどんな状態にあるのか,そしてその将来をどの様に捉えることが出来るか,森の中でディスカッションします。
【西別湿原のヤチカンバ】北海道には帯広に近い更別町とここ別海町と2カ所のヤチカンバ自生地があります。更別湿原の生育地は乾燥化が進み,本来の生育状態とはかなり違ったものになっていますが,西別湿原ではかなり本来の生育地に近い状態の部分もあります。自生状態を現地で確認し,これが果たして「氷河時代の生き残り」なのか,それを証明するにはどんな研究があり得るのか,そして保全にどんな方策を提案できるのか,湿原の中でディスカッションします。

◆日時
2017年5月19日(金)~5月21日(日)
※なお,本談話会の前後に,希望される方にはオプショナル巡検を計画しています。メニュー候補は,標津湿原(国指定天然記念物),早春の湿地林(山菜採り?),根室半島の台地上のアカエゾマツ林と湿原,屈斜路湖硫黄山のハイマツ林,等々あります。詳細は,danwa42@hisbot.jpへお問い合わせください。
○集合:5/19(金)14:00 根室中標津空港
東京(羽田)12:15 – 根室中標津空港13:55着
札幌(千歳)12:05 – 根室中標津空港12:55着
○解散:5/21(日)12:30 根室中標津空港
根室中標津空港13:25 – 札幌(千歳)14:25着
根室中標津空港14:35 – 東京(羽田)16:30着

◆参加費
10,000円程度を予定(参加人数により変動。宿泊費別。)
※期間中の宿は世話人がまとめて手配しますが,参加者のみなさんの希望をお聞きし,案内していただく鈴木三男さん宅での宿泊も検討中です(宿泊費無料・食費負担・寝袋持参:学生会員を優先します)。

◆申し込み方法
メールの件名を「第42回談話会参加希望」として,次の事項を記載の上danwa42@hisbot.jp 宛へお申し込み下さい。
①氏名,②所属,③連絡先(住所,電話番号,E-mail),④会員/学生会員/非会員の別
申込締切:2017年4月10日(先着順。定員になり次第,締切ります。)
定員:10名

世話人:鈴木三男,小林和貴,箱崎真隆,星野安治,江口誠一
主催:日本植生史学会

第32回日本植生史学会大会のご案内(第1報)

第32回日本植生史学会大会を下記の日程で開催します。

◆日時
12月1日(金) 午後:幹事会
12月2日(土) 午前:幹事会,評議員会
午後:公開シンポジウム,論文賞関連行事,懇親会
12月3日(日) 一般研究発表(口頭・ポスター),総会
12月4日(月) 巡検(第43回日本植生史学会談話会)

◆会場 宮崎大学木花キャンパス(宮崎市学園木花台西1-1)
※宮崎市街地など他の会場に変更する可能性があります。
◆主催 日本植生史学会
◆大会実行委員 宇田津徹朗(委員長),杉山真二,桒畑光博,吉田明弘,一木絵理,星野安治,江口誠一

◆公開シンポジウム 「環境と稲作と中国文明 -総合稲作文明学へのアプローチ―」
オーガナイザー 中村 慎一(金沢大学),金原正明(奈良教育大学),宇田津徹朗(宮崎大学)ほか
趣旨:従来の中国文明研究では軽視されてきた稲作と文明形成との関わりにスポットを当て,考古学を中心に,歴史学,文化遺産学,社会学,地理学,植物学,動物学,人類学,農学,地球化学,年代学等を専門とする多彩な研究者が一丸となり,「総合稲作文明学」という新たな学術領域創成の取り組みが進んでいます。具体的には,長江下流域の新石器時代(河姆渡文化、良渚文化など)の遺跡や周辺地域を調査フィールドとして,上記の各分野の調査分析が進められています。本シンポジウムでは,それに関する調査研究の最新の成果を紹介しながら,中国におけるイネ栽培化プロセスについて議論を深めたいと思います。

◆巡検(第43回日本植生史学会談話会)について
現在のところ,既に2003年談話会が実施されておりますが,その後2012年にユネスコ・エコパークに登録されました綾町の照葉樹林観察を中心とした「綾の照葉樹林を巡る」または,宮崎の観光スポットでもある日南海岸の自然の観察を中心とした「日南海岸の植物と植生」を中心に検討を進めております。綾の照葉樹林については既に会誌等で触れられておりますので,「日南海岸の植物と植生」の場合の巡検内容について以下にご紹介いたします。

内 容:宮崎の有名な観光スポットでもある日南海岸を南下しながら,青島亜熱帯性植物群落や都井岬で天然記念物の岬馬やソテツ自生地などを見学いただく。青島は,日向灘に面した周囲1.5㎞の島で,島内には230種の植物が生育しており,そのうち28種がビロウなどの亜熱帯植物である。都井岬は,日向灘の南端に位置し,江戸時代には軍用馬の放牧地であった。明治以降,人の管理から離れた馬が半野生化し,現在も100頭程度が棲息している。

日 程:12月4日(月)
定 員:30名程度