大会情報

第34 回 大会第1報

第34 回日本植生史学会大会を下記の要領で開催します。

◆ 日時

2019年

12月6 日(金)午後:幹事会

12月7 日(土)午前:評議員会 午後:公開シンポジウム,学会賞・論文賞記念行事,懇親会

12月8 日(日)一般研究発表(口頭・ポスター),総会

12月9 日(月)巡検(第47 回日本植生史学会談話会)

◆ 会場:豊橋市自然史博物館

〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238(豊橋総合動植物公園内)

http://www.toyohaku.gr.jp/sizensi/02annai/riyou2.html

アクセス:JR豊橋駅から東海道本線浜松方面行きの電車で『JR二川駅』で下車

JR二川駅南口より総合動植物公園東門を経由して自然史博物館まで徒歩約15分

懇親会:会場未定

宿泊:各自でお早めにご予約ください。大会会場周辺には宿泊施設がなく,豊橋駅周辺にあります。

◆ 主催・共催:日本植生史学会(主催)・ 豊橋市自然史博物館(共催)

◆ 大会実行委員:吉川博章(委員長),西本寛,那須浩郎,林竜馬

◆ 公開シンポジウム:「種の同定への挑戦:植物化石や植物遺体から種はどこまで認識できるのか?」

趣旨:植生史研究では,過去の堆積物や考古遺跡から出土する植物の断片や印象から種を同定し,そこから過去の植生や植物利用の歴史を明らかにしている。この「種を同定する」という作業は,植生史研究の基本であり,諸データの根本を成すものである。一方,近年のDNAを用いた分子系統解析やネットワーク解析からは,形態では識別しにくい隠蔽種が存在することが報告されている。また,近縁種や栽培種/野生種の識別などにおいては,種子や花粉では確認できない形質(花のにおいや色,休眠性など)が鍵を握る場合もある。私たちは,植物化石や植物遺体の形態からどこまで種や亜種・変種を識別することができるのだろうか?そこで今回のシンポジウムでは,改めて「種を同定するとは何か?」について議論したい。本シンポジウムにより,植物化石や植物遺体の種の同定についての認識を共有し,植生史学のさらなる発展に貢献したい。

以下の4講演とパネルディスカッションを予定しています(演題はすべて仮題)。

話題1:現在の植物分類学における種同定について(田村実:京都大学)

話題2:新第三紀以前の植物化石の種同定について(矢部淳:国立科学博物館)

話題3:更新世以降の化石花粉の種同定について(吉川昌伸:古代の森研究舎)

話題4:考古遺跡の植物遺体の種同定について(那須浩郎:岡山理科大学)

◆ 巡検(第47 回日本植生史学会談話会):「葦毛湿原と渥美層群をめぐる」(予定)