【26巻2号】2017

植生史研究 第26巻第2号(2017年12月発行)

[巻頭写真]
浙江省田螺山遺跡で出土した新石器時代の木製品の調査
村上由美子・鈴木三男

[原著]
東京都下野谷遺跡における縄文時代中期の植物資源利用
山本 華・佐々木由香・大網信良・亀田直美・黒沼保子, p63-74

東京都下野谷遺跡では,これまで炭化種実遺体と炭化木材遺体の分析から主として堅果類が検出されていた。今回,レプリカ法を用いて土器の種実圧痕を調査した結果,炭化植物遺体では検出されていなかったダイズ属やアズキ亜属,シソ属(エゴマ)の存在が認められた。このように土器の種実圧痕と炭化種実遺体,炭化木材遺体はそれぞれ残りやすい分類群が異なるため,3 種類の分析法を組み合わせることによって包括的に植物資源利用を明らかにできる。また,本遺跡の集落は縄文時代中期中葉を主体として約1000年間継続したが,中期後葉の加曽利E1 式期になって大型のダイズ属種子が突如出現する一方,その前後で小型のダイズ属種子も確認された。住居跡数の増減と大型のダイズ属種子の出現時期とを対比し,集落規模の拡大と連動して,小型の種子に加えて大型の種子の利用も開始された可能性を指摘した。従来の研究では時期や地域という大きな区分で複数の遺跡を総合し,縄文時代中期の人口増加とダイズ属の大型化や,それ以前のダイズ属の栽培開始が指摘されていたが,下野谷遺跡では一集落での通時的な変化と大型ダイズ属の出現時期を確認することができた。特に植物遺体に乏しい台地上の遺跡では炭化植物遺体と土器の種実圧痕の両方を検討することが有効であり,また継続期間の長い遺跡では一遺跡内での植物利用の変遷と種子の大きさの変化を確認できることを示した。

[短報]
中国浙江省田螺山遺跡から出土したイチョウの木製品
鈴木三男・孫 国平・鄭 雲飛・中村慎一, p75-78

The ginkgo tree, Ginkgo biloba Linn., is the only living representative of the Ginkgoales, a gymnosperm known as “living fossil”, and is now widely cultivated all over the world. In China, cultivation of ginkgo trees may have been done from the historical era or before, but it is not known at all when and where it started. The Tian Luo Shan site is a Neolithic archaeological ruin at Yuyao, Zhejiang Province with numerous archaeological relics. While examining the tree species of wooden remains excavated from the ruin, we found a fragment of a cylindrical wood instrument made of ginkgo. This is the first discovery of ginkgo remnants of the Neolithic age in the world, and we described this specimen anatomically and examined the possibility that ginkgo was growing around the ruin.

[短報]
東京都新宿区南元町遺跡から出土した布袋に入った江戸時代の茶
鈴木三男・小林和貴・吉川純子・佐々木由香・能城修一, p79-85

A cloth bag of the early modern Edo period (the latter half of the 18th century) was excavated from the road remains of the Minamimotomachi site, Shinjuku, Tokyo. This bag contained stems and leaves of plants. The material of the cloth bag was anatomically identified as fibers of the hemp (Cannabis sativa L.). From the plant morphological and anatomical studies, the contents of the bag were identified as stems and leaves of the tea plant (Camellia sinensis (L.) Kuntze). These results agree well with the description in the historical literature that, during the Edo period, commoners drank tea by boiling tea leaves in hemp bags in a pot.